藤森治見さん作の漫画『美醜(びしゅう)の大地』のネタバレ感想をまとめたブログです。復讐のために顔を捨てた女「ハナ」の地獄のような復讐劇。はたして復讐を遂げたハナはどんな結末を迎えるのか…

美醜の大地ネタバレ感想ブログ!

美醜の大地ネタバレ感想

ネタバレ『美醜の大地』第10話 高島津に強い恨みを持つ男とハナが協力?!

敏江がハナへの復讐のために躍起になっている頃、ハナの元に深見という一人の男が現れる。

というところまでが前回までのお話。

 

高嶋津家への強い憎悪を抱いたその男は、どんな用件でハナに近づいたのか…

そして今回、ハナにひどい復讐をされたあの人が久々に登場!

あの人は今?…的な?!(笑)

今回もいってみよ!

 

『美醜の大地』は電子コミックで試し読みできます♪

『美醜の大地』を無料試し読みする!

『美醜の大地』第10話「協力者」のあらすじネタバレ

慎重なハナは深見を警戒

深見は、自らで調べた情報とヤエ子から聞き出した情報で、昔ハナ達の間で何があったのか、そして現在ハナが何をしているのかもすべて知っていた。

そのうえで、自分も高嶋津家に恨みがあるから、復讐を協力したいと申し出たが、慎重なハナはそれをあっさりと断る。

 

深見から渡された名刺を手に、ハナは昔からの知り合い「鶴田」に深見について探ってもらうようにお願いをする。

 

綿貫が見た百子のその後

ハナの周りで起こる事件について、昔の関係者に当たっていた新聞記者の綿貫は、百子の実家を訪れる。

そこには、売春宿で薬漬けにされ、心も体もボロボロの廃人となった百子の姿があった。

 

「杏一郎」の名を叫びながら、廃人となって今だ夢を見続けている百子に、綿貫はハナの復讐の恐ろしさを改めて知る。

 

敏江の刃が牙をむく

死んだスミ子と菜穂子(ハナ)が働いていたカフェに、敏江が訪れる。

閉店した店内にはマスターと敏江だけ。敏江は菜穂子の居所をつかもうとマスターに詰め寄った。

 

鬼気迫る様子の敏江に菜穂子の危険を感じ、頑なに口を割らなかったマスターは、敏江の手によって刺殺されてしまった。

菊乃に確認をとったハナは、マスターの事件の犯人は敏江だと確信する。

 

スミ子の事件、マスターの事件によって、「小石川菜穂子」という人物が警察の捜査線上に上がることを危惧したハナ。

これからの事を考えたハナは、深見に連絡を取り、再び会う事にする。

 

『美醜の大地』第10話を読んだ感想

つっ、ついに敏江がとんでもないことしでかしたー!

失うものは何もないって感じで、自分の思うままに行動する敏江の無敵感よ。

ハナは、本当にもう一度この女を地獄へと送り返すことができるの?

って心配になるくらい。

 

カフェのマスター本当いい人!

最後まで敏江に菜穂子(ハナ)の事喋らなかったし、まだ息のあるときに発見されて、その時も

「みにくい女が…菜穂子ちゃんをおって…」

って最後まで菜穂子の身を案じていたマスター。

 

こんないい人を、迷いもなく手にかけれる根っからの悪女 敏江には

それ相応の地獄が待っていてほしい!

と願っているのは私だけではないはず!

 

 

そして、久々に登場した百子

…は、おぞましい姿になってた!

 

リングの貞子を思い出させる登場の仕方で(笑)そりゃ綿貫さんも悲鳴あげるって。

あんだけヤバくなったら客も取れないだろうし、それで家に帰れたのかな。

 

綿貫に迫った時に着物をはだけて見せた上半身は、骨と皮だけ。肌もボロボロになっていて、顔もまるで化け物。

精神を病んであそこまで壊れてしまった百子は、敏江のようにハナの元へ舞い戻ってくることはないでしょう。

 

 

そして深見

自分の目的のためなら、使えるものは何だって利用する!

っていうちょっとこれまた病んだ性格で。

ハナのことも、今はそのためのコマとしてしか見てない様子。

 

でも同じく人生を復讐にそそぐハナといるうちに、何かしらこの歪んだ性格が修正することがあるのでは?なんてちょっと期待もしてる。

 

 

復讐に協力するという深見に再会したハナは、これからどんな行動に?

まだまだ目が離せません!

 

『美醜の大地』は電子コミックで試し読みできます♪

『美醜の大地』を無料試し読みする!

-美醜の大地ネタバレ感想

Copyright© 美醜の大地ネタバレ感想ブログ! , 2019 All Rights Reserved.