藤森治見さん作の漫画『美醜(びしゅう)の大地』のネタバレ感想をまとめたブログです。復讐のために顔を捨てた女「ハナ」の地獄のような復讐劇。はたして復讐を遂げたハナはどんな結末を迎えるのか…

美醜の大地ネタバレ感想ブログ!

美醜の大地ネタバレ感想

ネタバレ『美醜の大地』第1話 復讐鬼の目覚め すべてはここから始まった!

2019年6月13日

藤森治見さん作の『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~』はコミック雑誌「ストーリーな女たち」に連載中の、復讐をテーマにした人気漫画です。

美醜の大地 第1話では、家族思いの主人公ハナがなぜ恐ろしいほどの復讐鬼と化したのか、そのためにどのようにして生まれ変わったのかが描かれています。

 

『美醜の大地』は電子コミックで試し読みできます♪

『美醜の大地』を無料試し読みする!

『美醜の大地』第1話「泥棒」のあらすじネタバレ

醜い顔のせいで幼いころからイジメのターゲットに!

昭和2年、場所はその当時まだ日本の領土だった樺太での出来事。

幼いころから顔が醜いと周囲からいじめを受けたいた市村ハナは、学校に入ってからも女子グループの標的になり毎日ひどいイジメにあっていた。

女子達のリーダー格である高島津絢子は、樺太でも最も大きな製薬会社を経営する一族の令嬢。その美しい顔からは想像できないような冷酷な指示によってグループから繰り返される残酷な仕打ちは、ハナをひどく苦しめた。

だが、女手一つで自分と幼い弟を育ててくれる母には、相談できずにいた。

 

盗難事件で泥棒扱いされたハナを待ち受けていた悲劇

ある時、学校で生徒や職員たちの私物が盗まれるという事件が起きる。

もちろん仕組んだのは絢子を中心とする女子グループで、それらの私物はハナの鞄の中から見つかる。

真実を語るも先生にまで信じてもらえず、ハナは学校を退学処分になってしまった。

 

時は過ぎ、終戦後。ソ連領となった樺太にはまだ空爆が続き、逃げるように引き揚げ船に乗る人々の中にハナ達一家もいた。

だが、そこでもまた残酷な仕打ちがハナ達を襲う。

乗り合わせた女子グループ達たちがハナを盗っ人呼ばわりしたせいで、引き揚げ船から追い出されてしまう。

 

翌日やっと乗れた引き揚げ船で本土にわたる途中、砲撃によって船は撃沈。

その際、これまで唯一の救いであった母と弟を奪われたハナは、絶望の淵でひどい仕打ちをしてきた女子達への復讐を固く心に決める。

 

復讐の鬼と化したハナが美しく生まれ変わる

お金を手に入れるために顔を隠してカラダを売り、噂に聞いた腕利きの外科医の元を訪れたハナ。

その目的は、復讐のために整形手術で別人になることだった。

これはハナを不幸のどん底へ追いやった女たちを、地獄の底へ引きずり込むための手始めの一歩。

整形手術によってハナは美女「小石川菜穂子」へと生まれ変わった。

 

1人目のターゲットは旅館の若女将となっていた「敏江」

新しい顔を手に入れた菜穂子(ハナ)が最初に訪れたのは、旅館の跡取りと結婚して若女将となっていた「敏江」だった。

旅館で住み込みで働くことになった菜穂子は、気が利くし美人だしと従業員からの評判も良く、敏江はそれがおもしろくない。

そんな中、昔を思い出させるようなイタズラを受けた敏江は、死んだと思っていたハナの亡霊に悩まされる。その上旦那までもハナの虜になってしまった。

 

「あいつさえいなければ…」またしても

あれもこれもすべて菜穂子のせいと思いつめた敏江は、昔ハナにやったように菜穂子を泥棒に仕立て上げようとする。

その最中騒ぎとなり、自らが泥棒扱いされるはめに。言い逃れもできず旅館から追い出される絶望の中、敏江の目に映ったのはハナの亡霊の姿だった。

その亡霊から逃げるように階段から転げ落ちた敏江。階段の上にはハナの仮面を手にした菜穂子の姿が。

 

『美醜の大地』1話を読んだ感想

まず最初に!

私は復讐リベンジ系の漫画が好きで、よく無料お試しからおもしろそうな本を探すんですけど、この本は1話から3話まで試し読みして、

これ続き買っちゃうな!?

と確信したコミックでした^^

 

始まりからいろいろと衝撃的。

主人公のハナは醜い顔のせいでいじめられ…

いやほんとにまあまあのおブスです…きれいどころばかりの女学生の中で、1人絵のタッチが違-う(笑)

弟は目クリクリで可愛いのに何でよー。

 

そしてイジメの残酷さはまあ置いといて、先生たちがみんなクソです。あっ失敬!

「不細工だけど体つきはいいからなあ」とカラダをまさぐる先生に、

泥棒の疑いをかけられたときに、

「貧乏人、貴様の心は顔面同様に醜い!」と関係ない顔のことまでいじってくる先生。

時代が今なら即刻逮捕かネットにさらされ人生終わり。

 

ひどい仕打ちを受け続けたハナにお母さんが言った

「きれいな顔に産んでやれなくてごめんね」

という無念の言葉。

これはかなり切なかったです。

 

他人にひどい仕打ちをうけようが、学校を退学になろうが、家族さえいれば…と、ここまでは強い心で生きてきたのに。

その大事な家族さえ奪われてしまったら、復讐の鬼にもなりますよー。

 

ハナが整形で生まれ変わった瞬間!

腕利きの外科医、腕良すぎだろ!

ってつっこんじゃうくらい骨格もろとも激変。

現実にこんな腕利きの医者いたら、犯罪者やアイドル卵たちからのオファーが絶えないでしょうね。

 

船の事故で死んだと思っていたハナの亡霊を見る敏江。

その正体は菜穂子の持っていたハナの仮面…って、なかなか精巧な仮面ですね(笑)

外科医の先生が一番最初に渡した「何かの役に立つ」というプレゼントは、この仮面だったのか。

 

まず、第一のターゲット敏江を地獄の底へと突き落とし復讐を遂げたハナ。

リーダー格である高島津絢子はきっと最後のメインディッシュでしょうね。

それまで順々に・・・という展開でしょうか。次のターゲットは、どんな地獄を味わうのか。

続きが気になりますね。

『美醜の大地』は電子コミックで試し読みできます♪

『美醜の大地』を無料試し読みする!

-美醜の大地ネタバレ感想

Copyright© 美醜の大地ネタバレ感想ブログ! , 2019 All Rights Reserved.