藤森治見さん作の漫画『美醜(びしゅう)の大地』のネタバレ感想をまとめたブログです。復讐のために顔を捨てた女「ハナ」の地獄のような復讐劇。はたして復讐を遂げたハナはどんな結末を迎えるのか…

美醜の大地ネタバレ感想ブログ!

美醜の大地ネタバレ感想

ネタバレ『美醜の大地』第24話 生き延びた者に宿る新たな復讐の炎

2019年11月21日

前回、ハナが起こした高島津家の爆発によって、けが人が続出。中でも爆破を一番近くで受けてしまった敏江の顔は、とんでもないことに…。

生き延びた者たち、そしてターゲットをまとめて窮地に立たせたハナの次の行動は?

 

え?まさか!

今回、驚きのあの人が再登場!これは楽しくなりそうですよ~。

では行ってみましょう!

 

『美醜の大地』は電子コミックで試し読みできます♪

『美醜の大地』を無料試し読みする!

 

『美醜の大地』第24話のあらすじネタバレ

絢子が笑みを浮かべる理由

高島津家で起きた爆発事件後、病院で手当てを受ける絢子と白川の元に、白川の父母が訪れる。

息子を溺愛する母親に今回の件について罵倒される絢子だったが、そんな状況の中でも笑みを浮かべていた。

 

絢子の胸の内を読み取れず心配する白川に、

「籠が焼け落ちてうれしい」

と、絢子は晴れやかな顔で意味深な言葉を返す。

 

診療所にたどり着いた敏江

命からがら助けを求め、内田と菊乃がいる診療所へ自力でたどり着いた敏江

応急的な処置を受けるが、元の顔面に戻ることは不可能だと内田から伝えられる。

 

一度ならず二度までも、ハナに顔をボロボロにされた敏江の抑えきれない怒声が、病室の外まで響き渡った。

 

綿貫に近づく暗雲

新聞記事で高島津家の爆発炎上を知った綿貫は、ハナが事件に関わっていることを確信し、菜穂子の身を案じる。

そんな綿貫の元に警察が訪れ、数日前から相原が行方不明だという事が伝えられる

 

 

『美醜の大地』第24話を読んだ感想

今回の一番盛り上がったところといえば、やっぱラストですよ!

 

夜空の下、おめかしをして不気味に笑い舞う女の姿

「待っててね 杏一郎さん」

 

ドクちゃん
キターーー!

百子がまさかのカムバック!

 

10話で綿貫が百子宅を訪れた時は、廃人同然だったのに…

あれから何がどうして、こんなご陽気な百子になって帰ってきたのー(笑)

その経緯は次回かな?

 

にしても、復活した百子の不気味さといったらないですねー。

目が完全に…イッちゃってる!(笑)

百子が物語に新たな旋風を吹き起こしそうな ヨ・カ・ン!

 

 

そして、敏江が内海と菊乃に再び急接近

前回2人に会った時よりもパワーアップしたゾンビ顔になってご対面。

これにはさすがの天才外科の内田医師も、元に戻せないと匙を投げる始末。

 

そりゃ、ハナへの憎悪もマックスオーバーヒートですよ。

今の敏江は「さわるな危険」のシール貼らないといけないくらいデンジャーかもしれません。

 

 

そしてそして、絢子さんの笑いの答え

覚えてますでしょうか?

私、前の話で、この答えをちゃっかり予想してたんですよー。これホント!

 

炎上している屋敷を見た時の不気味な高笑いのワケを

以前、絢子のじーちゃんが絢子の事を
「孤独な籠の小鳥」
とか何とか言ってたけど、お屋敷がその籠だとしたら、そこから逃れられたから…っていう見方もできる。

美醜の大地23話のネタバレ感想

なんて、ちょっと評論家みたいな予想をしちゃってたんですけど。

これほぼ正解ってことでいいでしょ。

本編とは関係ないけど、何気にうれしかったっていう自己満(笑)

 

 

それにしても、これまで幾度となく衝撃的な展開に驚かされましたが、今回百子が強烈なキャラとして戻ってきたことで、今後ますますおもしろい展開が期待できそうです。

次回は、どんな衝撃が待っているのか。

あー楽しみ!

 

『美醜の大地』は電子コミックで試し読みできます♪

『美醜の大地』を無料試し読みする!

 

-美醜の大地ネタバレ感想

Copyright© 美醜の大地ネタバレ感想ブログ! , 2019 All Rights Reserved.